生産技術・設備技術担当者、設計・調達担当者の課題を解決する板金組立・製缶板金加工の“プロ”エンジニア集団

メールフォームからのお問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせ

宮城・山形・福島をはじめとする東北~東日本エリア全域の製造業に関わる皆様へ
装置のOEMメーカー様・機械メーカーの皆様にお届けする板金加工に関するお悩み解決型サイト

製品・加工品実績

放射光設備の電源ボックスのカバー

img_0641
img_0641
img_0642
img_0640
業界 電子部品・半導体
材質SPCC(t2.0)無電解ニッケル
サイズ550mm×150mm
加工工程タレパンで抜き・穴加工に加え、スタッドボルト溶接を行い、M4のボルトを組付けています。(M4スタッドボルト)スタットウェルダーを当社にて保有
ロット10~20枚
使用用途電源ボックスのカバー

加工におけるポイント

本製品は溶接板金・加工組立特急ファクトリーが手掛けた放射光設備の電源ボックスのカバーです。加工工程としてはタレパンで抜き・穴加工に加え、スタッドボルト溶接を行い、M4のボルトを組付けています。(M4スタッドボルト)スタットウェルダーを当社にて保有、最後に隅溶接を行いました。

本製品は、表面処理を行う為、加工時の金属表面の仕上がりが品質に大きく影響するものです。当社では板金加工を行った後に、仕上げ加工をおこなっているので、表面にバリがなく、綺麗な仕上がり品質を実現しています。、

関連事例のご紹介

一覧へ戻る